RHYTHMOSの長財布を1年使った感想と経年変化について

鹿児島県鹿児島市にある革製品ブランド「RHYTHMOS」の長財布を使い始めて1年が経ちました。

RHYTHMOSの製品の素晴らしさは、このブログでも何度か書いています。本来はバス釣りのことしか書きたくないブログなのですが、それでも、「この財布はめちゃくちゃ良い」と思っているので、こうしてRHYTHMOSのことは何度か書いています。
関連記事:ぬくもりと確かな機能性。RHYTHMOS(リュトモス)長財布を買いました。

ぬくもりと確かな機能性。RHYTHMOS(リュトモス)長財布を買いました。

僕が買った「Flap」というモデルの財布について、これまで購入直後、購入から1ヶ月後というタイミングで、経年変化のレビューを書いてきました。

ということでこの記事では、「Flap」購入後の1年経って改めて感じる商品の良さと、経年変化について写真でお伝えしたいと思います。

RHYTHMOSの長財布「Flap」を1年使った感想

「それ、RHYTHMOSですよね?」

まず、この1年間毎日使い続けてみて、たまに実際にあったのが「それ、RHYTHMOSですよね?」と声をかけられること。

それも一度や二度ではなく、イベントや店で買物するときなど、何度かそういう場面に出くわしました。

そういった周りの方々のリアクションからも、RHYTHMOSの製品、ブランドは、鹿児島県においてはどうやらかなり有名なようです。実際、お会いする方が同じくRHYTHMOSの財布を使っているということも普通にありますしね。

で、別にそれがどうということではありませんが、そういうやり取りを交わすたび、「そうか、これRHYTHMOSの財布なのか…」って改めて認識するわけです。当然っちゃ当然なのですが。

「俺は今、このブランドの商品を手にしている」と改めて自覚させられるような商品って、もうそれこそが”ブランド”なんだと思います。

この効果を求めて買ったわけではないのですが、地域で作られる商品を現地で買い、現地で使用(消費)することの気持ちよさがあるなあと思いました。

つくりが丈夫なので、ほつれたりする気配が全然ない

手に取ってみると、ある程度ずっしりくるので感覚的にわかるのですが、RHYTHMOSの財布はすごくつくりがしっかりしています。なので、今のところ糸がほつれたりする気配は一切なく、革の経年変化以外は購入当初とほとんど変わらないタフさです。

この縁の部分がちゃんと仕上げ加工されているので、超ツルツルしています。この表面がとても気持ちいいので、手持ち無沙汰になると、すぐこの財布の縁の部分を人差し指で触ってしまいます。

長財布+小銭入れのセットが定番になってきた

普段はこの長財布だけでなく、同じくRHYTHMOSの小銭入れを使うようにしています。

小銭入れは厳密に言えばRHYTHMOSのワークショップで作ったもので、詳しくは「【レザー】RHYTHMOS(リュトモス)長財布の購入1ヶ月後レビュー」の記事で触れています。

「Flap」はサイズ的にはそこそこデカいので、ちょっとコンビニとかにでかけるときは小銭入れ + iPhone(電子マネー払いするとき用)を持ち歩くと便利です。「小銭入れって、誰が使うんだ?」とこれまでずっと思っていたのですが、使ってみるとめちゃくちゃ便利なんですよ、実際。

この小銭入れに500円玉が入っているときの安心感たるや。気分はほぼ無敵。コンビニでの支払いくらいなら楽勝です。謎にすごく気が大きくなってしまいます。

経年変化を写真でレビュー

経年変化について写真で確認してみます。なお、購入してから手入れ等は一切しておらず、そのままの状態です。

表面を見ると、ひっかき傷やちょっとした凹凸みたいなものができています。

バッグから取り出した時にシャッと擦ったり、手に持つときに爪が引っかかったのでしょう。僕は普段、わりと雑に財布を扱うので、そういう傷がやや多めです。でもこれはほっとけば人間の爪が伸びるのと同じような感覚で、まったく気になりません。

シッパーについている取っ手部分のパーツ。

いつもはここを引っ張ってジッパーを開閉するのでよく掴むのですが、ここでよく手に馴染んできました。このジッパーの革部分がちぎれたら開閉に困るので、そのときは修理したほうがいいかもしれません。

写真を撮るときに気づいたのですが、なにやら黒っぽいシミみたいなのができていました。おそらく、銭湯に行ったあとに、濡れた布が直接、長時間財布に触れていたのでしょう。まあ、こういうこともあるので、気にしません。

開いた中の様子は、買った時とほとんど変わらないです。カードが当たる部分にやや跡がついているのが目立つくらいで、ほとんど変化はないと言っていいと思います。ずっと閉じているので、日焼けもしませんしね。

財布としては決して安くないRHYTHMOSのFlapですが、買って本当に良かったと思います。いまのところ一切の不便がないし、主張しすぎないデザインや機能、飽きのこないシンプルな出で立ちがとても気に入っています。たぶん、しばらく数年間はずっと使い続けることになると思います。

RHYTHMOSの公式サイト:http://www.rhythmos.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)