地方移住に車は必要?結局「やりたいこと」と「住む地域」によります

地方移住者が地方への移住を検討する際に気になることの1つが「車」問題です。

都心部に住んでいて、これから地方への移住を検討している人のなかには、

  • 移住についていろいろ調べているけど、やっぱり「車」って必要なの…?
  • 「車がないと田舎の生活は成り立たない」というけど、実際のところどうなの?

と悩んでいる人も多いんじゃないでしょうか?

これを書いている僕は、東京から地元である鹿児島へ移住してきて1年半が経ちましたが、最初の1年3ヶ月は車なしで生活し、3ヶ月前に必要に駆られて車を買いました

実際に回りの移住者の方に相談したり、自分の体験から、地方移住者の車の必要性やその場面についていろいろわかってきたので実体験で「地方移住と車」の関係についてお伝えしたいと思います。

この記事はこんな人におすすめ
  • 都心部からの地方移住を検討しているが、車が必要なのかどうか分からない。
  • 地方移住予定だが、車が必要かどうか、他の移住者の声も参考にしたい。

「地方だから車が必要」はまちがいです

まず、よく勘違いされることなのでですが「地方」=「車が必要」という図式は誤りです。これははっきり断言できます。

まず、僕自身が「地方」にカテゴライズされる鹿児島に引っ越したにもかかわらず1年以上車を持っていませんでしたし、それで難なく生活できていました。買ったものといえばちょっといい自転車(2万円程度)くらい。

要はどういうことかというと、ひとくちに「地方」といっても人口密度や、交通網の発達具合にグラデーションがあるということです。当然っちゃ当然です。

けど、東京生まれ東京育ちとか、東京に限らず都心部で育った人は「地方」=「田園風景広がる田舎」という見方をしてしまいがちなので、そのグラデーションの存在があまりイメージできないんじゃないかと思います。

なので、一概に「地方だから車が必要」ではないということです。

よく地図を見てみてほしいのですが、東京でも「奥多摩」とか「青梅」の方までいくと車が必要な地域もあります。グラデーションとはそういう意味です。「東京」=「都会だから車なんてなくて大丈夫」ということじゃないんですね。

実際に地図なり、画像検索なりしてみるとだいたいその地域の様子がわかるので、まずはじっくりその土地での生活の様子を調べてみることをオススメします。

結局、「やりたいこと」と「住む地域」によります

僕の1年半の経験から導き出された暫定的な答えなのですが、車について考えるとき「やりたいこと」と「住む地域」という2軸で考えるといいです。

「やりたいこと」→車が必要なアクティビティがあるとか、家族ででかけるのに必要、など

まずは、その地域で自分がやりたいことを考えてみます。

例えば、「広い道路でドライブをしたい」「キャンプをやりたい」「DIYがしたい」…、など日常のなかで大きな荷物を運ぶことが想定される人は、当然車が必要になります。

もし考えてみて、そうしたアクティビティや、生活のシーンがイメージにない場合は、別に車は必要ないかもしれません

実際、僕は引っ越す前は、大きなターミナル駅周辺に住み、職場にも自転車で通う生活を想像していたので、当初はぜんぜん必要ありませんでした。

ですので、車でしか行けない地域に行く場合はレンタカーを借りる、という選択肢をとっていました。

「住む地域」→ 地方都市の場合は、普通に自転車で事足りる場合もある。限界集落とかだと、もちろん必須。

次に、住む地域です。

さきほど書いたように、地方でも比較的都市的な地域に住む場合は、電車やバス、タクシーなどの交通網が発達しているので、そこまで車が必要な場面は日常にありません。

逆に、地方のなかでも「限界集落」と呼ばれるレベルの集落や、そこまでいかなくとも都市部からちょっと離れると途端に車がないときつくなる地域などもあるので、そうした地域に住むことがわかっている場合は、買うことを検討した方がいいでしょう。

このあたりは、ネットの情報やマップだけ見てもさっぱり分からないことも多いので、引っ越しをする際に不動産会社の方に尋ねてみるなり、自治体の相談窓口に聞いてみるなど、その地域に実際に住んでいる人の声を聞くのがいちばんはやいです。

「車が必要かどうか」は、自分が暮らす条件を具体的にイメージしないと分からない

つまるところ、移住に際して車が必要かどうかは、

  • どういう暮らしをしたいか
  • どんな地域に住むか

という2点をを具体的に想像できれば、おのずと答えは見えてきます。

もし、事前にそれが分からないという場合は、「買う」という選択肢は最後にとどめておき、カーリースや、「NOREL」のような月額固定のサブスクリプションサービスを利用するのがよいかと思います。

やっぱり車を買うと、保険に入る必要があったり、駐車場の契約も必要だったり、初期コストも非常に高いので、そうしたシェアリングサービスを利用して様子を見るのはオススメですね。

「釣り」がやりたいので、僕は車を買いました

僕の場合は、ずっとタイムズカーレンタルというレンタカーを使っていたのですがバス釣りにハマった結果、「こりゃ車買ったほうがいいな」と判断し、中古の普通車を買いました

車は「カーセンサー」というリクルートが運営している中古車販売サイトで購入しました。

移住した当初は釣りにこんなにハマる予定はなかったので全く想像もしていなかったのですが、「ハマってしまったため、買わざるを得なくなってしまった」というのが正しい表現かもしれません。

やはり、

  • 荷物の積み下ろし
  • 車の内外装を汚してはいけないというプレッシャー
  • 毎回借りる時間的コスト

などを考えると、「買った方が安い」という結論に至りました。また、自宅に駐車場がなかったので、駐車場つきの物件に引っ越しもしました。

僕のように、移住してしばらくの後に、その土地でしか楽しめないアクティビティにハマってしまって車が必要になるというケースも珍しくないと思います。

ちなみに、詳細な一部始終については「【釣り車購入記 】釣り車がレンタカーじゃダメな3つの理由【vol.1】」という記事にまとめて連載しているので、ぜひ読んでみてください。

シモツ

ここだけの話、東京にいる頃には「車なんて負債だ」「絶対買うはずがない」「あんなの、ただ速く移動する鉄の塊」だとしか思っていなかったのですが、人の意見ってほんと数年でコロっと変わるものですね……。笑

まとめ:元も子もない結論だが、「条件による」としかいえない

結果的に、元も子もない結論にはなってしまいますが、「あなたが住む条件、暮らしの条件による」ということになります。こればっかりは事実なのでどうしようもない。

僕の場合は、「やりたいこと」が変化したため、それを満たすために車を買いました。このように、「やりたいこと」や「住む地域」という大きなふたつの条件が変わると、すぐに必要なものも変わるので、なんともいえないというのが正直なところなんですね。

なのでこれから地方移住を検討している人や、移住自体は決定していて、交通手段について考えている人は、

  1. まず最初にネットでできる限り情報を調べ、
  2. 実際にその地域に住んでいる人に話を聞いてみる

というのをオススメします。それで、少なくともあなたの住む地域において車が必要かどうかが判断できますので。

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)