【バス釣り】総額2,000円でできる「プランターメジャー」の作り方

釣り人なら、釣った魚の長さを計測するためのメジャーを持っている人も多いと思います。中には、重さを測るメジャーを持ってる人もいますね。

僕も例にもれずメジャーを持っていて、これまではこういうタイプのターポリン素材のペラペラなメジャーを使ってきました。

created by Rinker
Belmont(ベルモント)
¥973 (2020/06/05 02:00:07時点 Amazon調べ-詳細)

このタイプのメジャーはくるくる丸めておけるので、荷物の量が制限されるおかっぱりではとても重宝します。

けれど、荷物の制限をあまり受けないボートの釣りでは、この「丸めてコンパクトにしておける」というのがかえって仇となって、魚をキャッチしたあとにパッと取り出せない、すぐに使えないというのがちょっとデメリットだったりするんですよね。
うまく取り出せても、広げて設置するまでにちょっともたついてしまったりして、それはあんまり魚体にもよくないな、と思ったり。

そこで「なんとかならないかな」と思っていろいろ調べていると、「プランターメジャー」というものの存在を知りました。園芸用のプランターの受け皿に、ステッカータイプのメジャーを貼ったもので、「プランターメジャー」でぐぐるとたくさん出てきます。

この、プランターメジャーは、界隈では有名というかスタンダードになっているようで、これが結構使い勝手がいいらしいのです。値段も手頃だし、僕が抱えていた問題もクリアできそうなので、これを作ってみることにしました。

本来は、このプランターの受け皿にステッカーを貼れば出来上がってしまうのですが、それだとちょっと味気ないので、「せめてちょっとしたカスタムを…」ということで、受け皿を塗装してみることにしました。この記事はその過程、作り方について紹介します。仕上がりは、記事冒頭の写真の感じです。

必要なもの

必要なものは以下のとおりです。

  • メジャーステッカー(約500円)
  • プランターの受け皿(60cmくらい、約250円)
  • 研磨用の耐水ペーパー(#240、約150円)
  • プラスチック用プライマー(約700円)
  • ラッカースプレー(約300円 〜 700円)
  • 手袋(お好みで、約150円)

ものによって値段は上下しますが、だいたい2,000〜3,000円くらいで収まる範囲かと思います。2,000〜3,000円でDIYする楽しみを買えると思えば安いと思いました。

ちなみに、僕は近所にホームセンターがないのですべて通販で買いました。

補足

ラッカースプレーだけだとうまく塗装されないので、事前に研磨する用のペーパーと、スプレーがよりなじむプライマーを買うことをおすすめします。

注意①

メジャーステッカーは、買う前に長さをよく確認することをおすすめします。僕は、一度買ったメジャーステッカーが思っていたより短く(44cmまでしか測れなかった)、再度長い別のものを買い直しました……。

注意②

特に、プランターはできれば実物を手にとって見たほうがいいです。僕は保険のために、2つのメーカーのプランターを買ってみましたが、同じ価格帯でも結構品質に差がありました(プラスチックの厚みが違ったりする)。

created by Rinker
大和プラスチック
¥425 (2020/06/05 02:00:08時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
トラスコ中山(TRUSCO)
¥214 (2020/06/05 02:00:09時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
アサヒペン(Asahipen)
¥666 (2020/06/05 02:00:09時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
アサヒペン(Asahipen)
¥639 (2020/06/05 02:00:10時点 Amazon調べ-詳細)

作り方(手順)

まず、プランターの受け皿の表面を耐水ペーパーで研磨します。プライマーがよりなじむための研磨なので、軽く全体をざっと磨く程度でOKだと思います。

次に、プライマーを全体に塗布していきます。
スプレーで噴射していくので、屋外の作業がいいでしょう。僕は賃貸で庭がないので、その辺の空き地に移動して、念の為にゴミ袋で養生しつつ作業しました。

プライマーの塗布の仕方は説明書きされているので詳しく述べませんが、【薄く塗って、乾燥(30分〜1時間)】を2〜3度繰り返すイメージです。

プランターの受け皿は表面と裏面があるのですが、まずは表面のみ最後のラッカースプレーで塗装するところまでおこない、その後裏返して同様にプライマー & ラッカースプレーを塗布するという順番でおこないました。

 

で、表面にプライマーがいい感じに行き渡ったら、いよいよラッカースプレーで塗装です。

作業途中の画像はないのですが、これも結構根気が要ります。プランターの受け皿って、60cm × 20cm くらいの面積があるので、それを一通りスプレーで塗るって結構労力がかかります。なお、スプレーの色は今回は黒を選びました。

こちらも、プライマーと同様に【薄く塗って、乾燥(15分〜30時間)】を2〜3度繰り返します。こちらはプライマーよりは待ち時間が短いです。

ここまでで、プライマーとラッカースプレーを塗布して乾燥する時間が結構かかり、トータル4〜5時間くらいはかかったかと思います。全体に色が着くと、あとはもう乾燥を待つだけです。作業としてはほぼ完了です。

 

全体が完全に乾燥したことが確認できたら、あとはステッカーを貼って完成です。念の為に、一度全体を軽く水のついた布などで掃除して表面をきれいにしておきます。

ステッカーを貼る位置ですが、【上・中・下】の3つのパターンがありそうですが、今回は上の方に貼ってみました。魚を置いて写真を取るときに、数字までちゃんと見えるのがこの位置かなと。

というわけで、だいたい6時間くらいで作業は完了しました。難しいことは特にないのですが、塗装に慣れてないとそのぶんがやや難しいかもしれません。

超お手軽DIYみたいな感じで、気分転換にちょうどいいくらいのものづくりです。興味がある方はぜひ試してみてください。

 

追伸

ほんとはこのDAIWAのメジャーが使いたかったのですが、長さが短く断念しました。。ネットでポチる前に、長さはちゃんと確認しておきましょう。

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥617 (2020/06/05 02:00:11時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)