リールにいつラインを巻いたかを記録するWebアプリ「LINEDAY」を作りました!

【バス釣り】ナチュラムのランディングネット「Javelin Light 340」が普通にコスパ良くて十分

最近はレンタルボートで釣りをするうえで必要なグッズをガンガン買い揃えています。

今回買ったのはランディングネット。おかっぱりのときは持ち歩くのが億劫だったので持ってなかったのですが、「ボートにはいろんな荷物が積める!」ということで、ランディングネットを買いました。

Web上でいろんな商品を見て吟味したのですが、最終的に、アウトドア用品通販サイトの「ナチュラム」がプライベートブランドとして展開している「Buccaneer(バッカニア)」のランディングネットにしました。

商品のリンクはこちら。僕が買ったときは、ナチュラムで3,000円台後半の価格でした。

created by Rinker
Buccaneer(バッカニア)
¥5,500 (2020/07/08 23:31:58時点 Amazon調べ-詳細)

もともと、ジャクソンの「スーパートリックスターネット」にしようと思っていたのですが、そんなに頻繁に使うわけでもないランディングネットに12,000円はちょっと高い……、ということで、ランクをグッと落とし、3,000円台のこちらにしました。

補足
スーパートリックスターネットはいろんなバスプロが使っており、信頼性が抜群に高いランディングネットなのであります。

写真で見る

▼ネットはラバーっぽい質感で、フックが絡みづらいようになってます。悪くない。

▼細かい数値は公式サイトで見てほしいのですが、サイズ感はこう。やや大きめのティッシュ箱がすっぽり収まります。

▼「Javelin -Light- 340」の文字。シャフト長が300cmと、ネットの枠が40cmあるようなので、”340″なのかもしれません。

▼柄の部分と、ネットの枠はゴム栓のようなかたちで接続されています。ここを力づくで引っ張ると、写真のようにすぽっと抜けます。

▼中は筒状の棒がたくさん収納されていて、これによってネットのシャフトをどんどん伸ばしていけます

▼目一杯伸ばしてみたようす。レンタルボートの釣りではここまで伸ばすことはないはず。逆に、足場の高いおかっぱりとか、大きめの釣船で釣りをするときなどはこれくらいの長さがあると便利。

▼シャフトとネットの枠の金属はネジ留めされているので、回して外せばこのようにシャフトとネットを分離できます。そのまま持ち歩くと結構でかくて邪魔なので、コレは嬉しい。ネットの枠も折り畳めるのでだいぶコンパクト。

 

さいごに

まだ釣行では1回しか使ってないのですが(しかも魚はインしてない)、持ってみた感じの頑丈さ、ネットの質感など、値段にしてはかなり満足してます。普通にコスパよくないっすか、これ。

これ4本でスーパートリックスターネット1つ分なので、最悪壊れたら買い替えのループでいいかなと思ってます。まぁ、ネットってよっぽど雑な使い方をしない限り結構長い間使えそうですし。

created by Rinker
Buccaneer(バッカニア)
¥5,500 (2020/07/08 23:31:58時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)