ShimoQuiRadio、第2期の個人スポンサー募集を開始しました。

【DAIWA】「18フリームス(FREAMS) LT2500S-XH」購入レビュー

鹿児島に戻ってバス釣りを再開し、タックルをどんどん揃えています。

先日「スピニングタックル(特にリール)を揃えよう!」と思い、いろいろ調べていたのですが、今年(2018年)はDAIWAもSHIMANOも数年に一度の新製品を投下する年だということを知り、「せっかくなら…」ということで、今年発売されたモデルを買うことにしました。

そして今回、スピニングリールを買うことにしたのですが、その検討中に考えていた条件はこちら。

購入の条件
  • リール単体で15,000円以下
  • 「おもちゃ感」のないデザインのもの
  • 海でも使えるよう、番手は「2500」以上
  • メーカーは問わない

初心者のため、多少雑な扱いでも大丈夫なように15,000円と予算は少し低めに設定しました。スキルが追いついてないのに「ステラ」とか買っても宝の持ち腐れですからね。

なので、「高すぎないけど、入門用としては申し分ない」というラインを探ることに。また、メーカーは好みがまだわからないので、問わないことにしました。

また、バスだけでなく海でも釣りがしたいので、「2000」番台以下の小さいモデルではなく、より幅広い釣りに対応できるよう「2500」番以上のモデルを選ぶことにしました。

買ったのはDAIWAの最新型「18フリームス」

そこで、買ったのがこちらです。DAIWAのフリームス(FREAMS)というスピニングリールの2018年モデル。

もともと「15 フリームス」という2015年モデルの現行品があったのですが、このフルリニューアルされたフリームス18を調べると、なんでも「コスパ最強でまったく別のリールに生まれ変わっている」というじゃないですか。

実際、カタログスペックを見ても、マグシールドとか、ツイストバスターⅡとか、まあぶっちゃけあまりよく分からないのですが、なんかすごそうです。

あとは、写真からでも見た目のかっこよさが伝わってきたこともあり、今、アンダー15,000円で買えるスピニングリールのなかでいちばん良さそうだなと思い、こちらを選びました。

参考

FREAMS(フリームス)DAIWA 60YEARS SPECIAL SITE 2018(60周年スペシャルサイト)

「18 フリームス」を写真でレビュー

今回は、このスピニングリールが届いたので、そのファーストインプレッションを写真でお伝えします。

Amazonで10,000円ちょっとの価格と安いのに関わらず、メジャーアップデートによってかなり性能が向上したというこのモデル。

「2500S-XH」という、シャロースプールのタイプにしました。

開けました。かっこいい! 決して安っぽくないメタリックな質感と、「LT(LIGHTTOUGH)」というコンセプト通りの軽さ。持ってみて驚くのですが、見た目より全然軽いです。

「LT(LIGHT TOUGH)」の文字も見えますね。スプールの部分の金色が個人的にはめちゃくちゃ好き。

あと、エアーベイルの部分が堅牢な感じがして頼もしい。

ベールを開閉した様子を動画にしてみました。安いスピニングリールって、これ「カチャカチャ」というしょぼい音が鳴ってすごく萎えるのですが、フリームスは全然それがない!

「ガチャン」っとメタル感のある力強い音で、開閉するだけでテンションがあがります。気づくとバシバシやっちゃう。

こちらはドラグノブ。仮面ライダーっぽい、やや中二的なニュアンスのデザインですが、まあいいんじゃないでしょうか。

ねじ込み式のハンドルを装着してみる

早速、ハンドルを装着してみます。

18フリームスの特徴は、ハンドルが折りたたみ式ではなく、ねじ込み式である点。ねじ込み式のハンドルはギヤに遊びがなく、動作が精確に伝わるんです。こちら、装着前の雄ねじ。

で、ハンドルがこちら。関節みたいな部分が丸っこくなっていて、ちょっと人間の骨みたいなデザインになってます。これは結構好きな形。

ちゃんとねじ込めるように、ネジ山が付いてます。

これをこうやって……、

グリグリとねじ込んでいきます。が、ここで注意して欲しいのが、回す方向は「左回転」だということ。そもそもハンドルの回転方向が右回転なので、ハンドルの装着は左回転なんだと思います。

それさえ間違わなければ装着自体はカンタン。

装着完了。ギュッと回しこむと、ちゃんとホールドされます。折りたたみ式より構造がシンプルな分、耐久性にも優れるし、ガタも少なく、取り回しやすそうです。

で、回してみました。回した感じは「うん……、普通」。正直、ぼくがたくさんのスピニングリールに触れてきたわけじゃないので、比較ができないのです。

ただ言えることは、「めちゃくちゃ軽い」わけでも「めちゃくちゃ重い」わけでもないけど、回した感じはなめらかですっごく気持ちがいい。

おなじく2018年モデルのDAIWA「BLAZON(ブレイゾン)」に装着

また、その2日後に自宅にいたDAIWAのスピニングロッド「BLAZON(ブレイゾン)」。これも2018年に登場した新作で、コスパ最強との呼び声が高いロッド。

ロッドについてもブログに書こうと思いますが、DAIWAの「クロノス」とSHIMANOの「ゾディアス」を迷い、その最中に現れたこのブレイゾンを買うことにしました。

うん、  悪くないのでは。

正直、このブレイゾンの赤いデザインはゾディアスをバリバリ意識してるし、そもそもかっこいいと思わないんですが、まあそんなに目立たないのでよしとしましょう。

ちょっとコルクが採用されているのはかっこいいと思う。

ちゃんと「BLAZON」の表記。

見れば見るほど、「あれ……? 結構いいのでは?」という気がしてくる。ただ、どちらかと言えばシンプルにフリームスがかっこいいだけな気もする。

しばらく使ってからまたレビューします

まだ届いてロッドに装着しただけの状態ですので、実際に使ってみないと分からないこともありそうです。

今後、春のシーズンを迎え、少しずつ釣行に行く機会が増えてくると思うので、またしばらく使ってみて感想を書いてみたいと思います。

こちらの動画レビューが分かりやすいです

同じ18フリームスのレビューをしているYouTubeの動画があったのでご紹介します。こちらもすごく分かりやすいので、ぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)