【書評】『動かして学ぶ!Vue.js開発入門』

最近はVue.jsの仕事をしたり勉強をしているのですが、そのなかで読んだ本をレビューしていきたいと思います。

今回ご紹介するのは『動かして学ぶ!Vue.js開発入門』です。この本はVue.jsをいちばん最初に学ぶときに買って、すべてのコードを写経しました。ひととおり全て目を通したという前提で、感想を書いていきます。

created by Rinker
¥3,456 (2019/05/26 00:57:11時点 Amazon調べ-詳細)

この本をオススメしたい人、想定読者

この本をオススメしたいのは以下のような人かなと思います。

  • Vue.jsにまったく触れたことがなくほとんど知らない。これから学習をはじめたい
  • なんとなくVue.jsについては知っているが、実際に書いたことはないので、書き方を学びたい
  • Vue.jsの公式のドキュメントより直感的にVue.jsについて知りたい

まとめると、Vue.jsの超初心者向けの本だと思います。僕がまさにそういう状況で買い、最初の1歩として助けられました。

この本を買わなくていい人

逆に、以下のような人はこの本を買わなくていいと思います。

  • Vue.jsをひととおりなんとなく知っている。もっと基礎を固めたい。
  • Nuxt.jsを使いたいので、再度Vue.jsの基礎をおさらいしたい。

これらの人はむしろ『Vue.js入門 基礎から実践アプリケーション開発まで』の方がおすすめです。

この本の特徴

「動かして学ぶ」とタイトルにあるように、この本は、とにかくそれっぽく動くVue.jsのコードを書いて、挙動を確認しながら雰囲気を掴んでいこうというスタイルの本です。

Vue.jsが持つそれぞれの独自機能について、ひとつずつ例をあげて同様に実行し、確認していきます。基本となる、v-bind、v-on、v-if、v-modelなどの各種ディレクティブに対してもそれぞれじっくり図解を交えて解説してあります。

また、イメージが多いのもこの本の特徴です。記述の関係をこまかく図示してあったり、挿絵的なのが到るところに散りばめてあったりします。人によってはちょっと稚拙に思うかもしれないくらいです。

この本の良かった点

とにかくちょっとずつ事例となるコードを書いて学ぶので、「なんとなVue.jsでできることを学ぶ」というのにはもってこいです。

JavaScriptについてもそこまで難しいことはしないので、HTML/CSSがわかっていて、JavaScriptもなんとなく知ってるくらいの人がパッと読んでみても分かる内容になっていると思います。僕の場合、この本を最初にサクッと通ることで雰囲気をつかむことが目的だったので、この程度の難易度で十分でした。

ただ、いくらハードルが低いといっても、Todoリストや、Markdownエディタという鉄板のチュートリアルはそろっているので、その点は安心してください。それらを通して書いてみることで、ある程度Vue.jsの基礎は身につくと思います。

この本のイマイチな点

そもそも想定読者がおそらく超初学者なので、この指摘は的外れになるかもしれませんが、多少物足りないと感じる部分はあります。

Vue.jsの初歩の部分にしか触れていないため、コンポーネントの基礎、ルーティング、Vuexによる状態管理、単一ファイルコンポーネント、Vue-cliあたりのちょっと踏み込んだ内容については一切書いてありません。もしこのあたりの情報も欲しいのであれば、別の本も一緒に買うか、そちらだけで済ますことをオススメします。

あと、強いていうと高いです。同じVue.jsの入門書の鉄板である『Vue.js入門 基礎から実践アプリケーション開発まで』が3,650円であるのに対し、こちらは3,456円。情報量という観点で見ると、半分くらいしかないので、情報量あたりの価格は前者に比べて圧倒的に高いです。まぁ、技術書を値段で計るのはいかがなものかと思いますが……。

まとめ

というわけで、「まったくやったことないけど、これからVue.jsに触れてみたい」という超初心者にはオススメの本となっています。最初に1冊にいかがでしょうか。

created by Rinker
¥3,456 (2019/05/26 00:57:11時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)