バス釣り/Web制作/地方移住/ネットラジオ配信などについて発信する25歳男のブログです。2017年に東京から鹿児島へUターン。

結婚しました。

とにかく自分が恥ずかしいので、こういうエントリを書くかどうか非常に迷いました。

ただ、このタイトルでエントリを書けるタイミングはおそらく一生に一度しかやってこないので、「せっかくだし書いておくか…」という気持ちになりまして。そう考えると、赤ちゃんの頃も「生まれました」ってブログを書いておけばよかった、と思いますね。それはまあどうでもいいか。

というわけで、今日、2017/12/27に結婚しました。日付は、できるだけ無意味な日がいいなと思い、この日にしました。

遡りますが、結婚することを決めたのは、去年の2月のこと。

Waseiの鳥井さん(@hirofumi21)と、『灯台もと暮らし』編集部で個人事業主のくいしんさん(@Quishin)と上野の寿司屋でご飯を食べているときに、「いつ結婚するの?」と聞かれ、いつでもよかったので「いつでもいいですね」と答えたところ、「じゃあ、来週しよう」ということになり、実際に次の週にはプロポーズをしたという経緯になります。

実際、その日に「じゃあ、もう指輪買っちゃおう!」と、上野のドンキに行ったりして婚約指輪を探したのですが、売っておらず、結局翌週に表参道の4℃で指輪を買い、渡しました。

特に、鳥井さんに関しては、僕が21歳くらいの頃から飲みに誘ってくれたりしていたので、「やっとか…」という感じなんじゃないかと思います。

で、そこから、会社を立ち上げたり、東京から鹿児島に引っ越したりと、いろんなライフイベントを経て、やっと入籍しました。

上野でお二人に話をしたそのときから、婚姻届の仲介人の欄には絶対おふたりにサインしてもらおうと決めていたので、今月東京に行った際にわざわざ時間を作っていただき、僕が以前住んでいた杉並区・高井戸の「美しの湯」の食堂でサインをしてもらいました。

それがトップの写真なんですが、完全に鳥井さん(左)とくいしんさん(右)が結婚するみたいな構図になってますね。めっちゃいい笑顔だし。こういう写真をあっさり撮らせてくれる懐の深さ、良い意味での甘さが、僕がお二人を大好きな理由なんですよね。

ちなみに、美しの湯はドライ系のサウナとウェット系のサウナが二種完備されており、露天の休憩所もあるので、サウナーにはなかなかオススメな温浴施設です。

感想は

さすがに今日の出来事というだけあって、もちろん、まだ全然実感は湧かないですね。もう「家庭を持った」って言っていいんでしょうか? 僕はもう、家庭を持ってるんでしょうか?

正直、これまでも3年弱くらい同棲をしてきたので、今後もなにかが劇的に変わるということはおそらくないでしょう。

あるとするなら、「同居人」という呼称が「妻」とかに変わるくらいでしょうか。これがじわじわ実感として効いてきそうだなぁ…。

「結婚は人生の墓場」といいますが、果たして本当にそうなのでしょうか。少なくとも、僕が死ぬまで実験してみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)