【WordPress】「有効なテーマヘッダーが含まれていません」の解決法

先日WordPressのテーマを自作したのですが、その後、完成したテーマファイル(ZIP形式)をWordPress上でアップロードした際に

パッケージをインストールできませんでした。style.cssスタイルシートには有効なテーマヘッダが含まれていません。

というアラートが出て、テーマファイルのインストールに失敗しました。

解決方法がわかり実行すると、すぐにインストールすることができましたが、WordPressのテーマをはじめて作る方や、不慣れな方にとっては意外に引っ掛かりそうなトラップだと思ったので、解決策をシェアします。

解決にかかる所要時間は1分程度です。

【現象】テーマをアップロードしても「有効なテーマヘッダーが含まれていません」と表示される

こちら、実際にアップロード時に表示されたエラーメッセージです。

テーマヘッダーのエラー表示

WordPressのテーマをはじめて自作し、「さぁ、テーマできた! インストールだ!」と思って意気揚々とアップロードするときに出てきたので、出鼻をくじかれた感じです。

ですが、安心してください。

エラーの内容と原因はすぐに分かり、簡単に対処することができました。

【原因】僕の場合、WordPressのテーマに必要な定型のヘッダを記述してなかった

原因は明白で、僕の場合WordPress内のスタイルシート「style.css」のヘッダーにWordPressのテーマ特有の定型ヘッダーを記述していなかったのです。

WordPressのテーマには特定のルールに則った記述が必要で、例えばデフォルトのテーマの例ですと、こんな感じで書かれています。

テーマヘッダーの例
/*
Theme Name: Twenty Fifteen
Theme URI: https://wordpress.org/themes/twentyfifteen/
Author: the WordPress team
Author URI: https://wordpress.org/
Description: Our 2015 default theme is clean, blog-focused, and designed for clarity. Twenty Fifteen's simple, straightforward typography is readable on a wide variety of screen sizes, and suitable for multiple languages. We designed it using a mobile-first approach, meaning your content takes center-stage, regardless of whether your visitors arrive by smartphone, tablet, laptop, or desktop computer.
Version: 2.0
License: GNU General Public License v2 or later
License URI: http://www.gnu.org/licenses/gpl-2.0.html
Tags: blog, two-columns, left-sidebar, accessibility-ready, custom-background, custom-colors, custom-header, custom-logo, custom-menu, editor-style, featured-images, microformats, post-formats, rtl-language-support, sticky-post, threaded-comments, translation-ready
Text Domain: twentyfifteen

This theme, like WordPress, is licensed under the GPL.
Use it to make something cool, have fun, and share what you've learned with others.
*/

これがごっそり抜けていました。

【解決策】実際にテンプレ通りに記述する

ですので、以下のように記述し、style.cssを更新して再度アップロードすると無事インストールに成功しました。やったことはこれだけ。1分で終わります。

実際のテーマヘッダーの例
/*
Theme Name: ShimoQuiRadio
Author: shimotsu
Description: This is my original theme.
Version: 1.0
*/

また、WordPressのデフォルトで用意されているテーマのヘッダーは長かったので、必要なもののみ残しています。

上記のテンプレートはいずれもそのまま使えるので、自分のテーマに沿った情報を記載するようにしてください。

WordPressには独自ルールがいくつかあるので、本を読んでトラップ回避しよう

ぶっちゃけ、エラーが出たときは焦ったのですが、「この部分については注意が必要である」と本で事前に読んでいたのですぐに解決できました

「WordPressのことは基本全部ググればOK」というスタンスでもいいと思うのですが、本当の基礎的なところは本で読むくらいでもいいかなと思ってます。実際に、個人的にはそれで叩き込めた部分もあるので。

ちなみに僕が繰り返し読んでいるWordPressの参考書はこちら。

ステップバイステップでひとつずつ丁寧に解説されているので、WordPressを使ったサイト構築のいろはが分かるようになります。実際にこれを1周すると、テーマが自作できるようになります。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)