同居人の音がうるさい?「ワイヤレスイヤホン」で一発で解決できます

カップルで同棲したり、結婚して2人暮らしすると、ほとんど必ずと言っていいほどストレスになってくるのが「音」の問題。

特にそれぞれの部屋がなくリビングがひとつだと、それぞれお互いに集中したいときに自分以外の音がどうしても気になってきますよね……。

でもその問題、いろいろと試した結果「ワイヤレスイヤホン」を使えばほとんどの場合一発で解決できるんです。

今回は、そんな「音問題」に悩む同棲カップル、2人暮らし中の夫婦にワイヤレスイヤホンを導入してもらいたい理由と、オススメの機種をご紹介します。

同棲における地味に重要な「音」にまつわる問題について

これを書いている僕は結婚しており、4年間の2人暮らしの経験があるのですが、「音問題」にはけっこう悩まされてきました。

というのも、いずれの部屋もリビングがひとつしかなく、それぞれ独立した空間をもっていなかったので、家にいるときはたいてい同じ空間にいることが多かったのです。

たとえば同じ空間で、同じテレビ番組を見るときはそれでも大丈夫です。

ですが、問題なのは以下のような場合。

  • それぞれが別の作業をしているとき
  • それぞれが別の番組や動画を視聴したいとき

こういうときって、それぞれ音楽を聴いて作業に没頭したり、それぞれ観たい動画を自分だけの世界で観たいじゃないですが。

でも、そのままイヤホンなしでそれぞれが音を放出すると、空間がすごいカオスなことになっちゃいますよね。

そこで、たいていの場合「普通の有線のイヤホン」で対応します。

iPhoneを買ったらついてくる有線のイヤホンとか、Amazonやコンビニで売ってるようないわゆるコード付きのイヤホンですね。

それぞれのスマホやパソコンにケーブルをつないで直接音を聞くイメージですね。

そのように、有線のイヤホンを使えば「同じ空間にそれぞれの音が放出されている」という状況は解消されるので、だいたいのケースで問題はなくなります。

……ですが、それではまだ物足りない場面があるんです。そう、「家事をするとき」です。

家事をする上では「有線のイヤホン」では物足りない場面が出てくる

家事をやるときって、その場でじっとしていることって少なくて、結構移動しますよね。

掃除機をかけるときは部屋中を動き回りますし(ロボット掃除機の場合は別ですが)、皿洗い中は洗った皿を棚に戻したり、洗濯も衣類を取りに行ったり戻ったり…、なんだかんだで家のなかを移動します。

そんな状況で、一箇所にパソコンを置いて有線のイヤホンを耳につけっぱなし、ってのは逆にコードが引っかかったり、家事の邪魔になることもありますよね。それは、かえってストレスになります。

そういう経験したことある人もいるんじゃないでしょうか。

シモツ

スマホをにイヤホンを挿してポケットなどに入れっぱなしにする、という方法もありますが、家のなかでその状態ってのもしんどいですよね……。ポケットは空にしておきたいし……。

そんなとき役に立つのが、冒頭でもご紹介した「ワイヤレスイヤホン」です。

ワイヤレスイヤホンは家事をする人全員にオススメしたい

コードをつなぐことなく、Bluetooth経由でパソコンやスマホから音楽を拾って再生できるイヤホンです。

「ワイヤレスイヤホン? ランニングとか通勤中にみんな使ってるやつ?」というイメージがあるかと思いますが、これを家事のときに使ってみるとめっちゃくちゃ便利なんです。。。

「コードがない」 というのはとてもシンプルな機能ですが、「音を聞く」という行為をするうえでかなりインパクトがある利点です。

ぶっちゃけ、ワイヤレスに慣れてしまうともうコードつきのイヤホンで音を聞くのはもう無理ですね。「は? なんでコードがついてるの?」と耐え難くなるレベル。

それくらい便利なので、このワイヤレスイヤホンを付け、好きな音楽やラジオ、動画などを視聴しながら家事をしてみるという経験をしてほしいです。

シモツ

僕の家の場合、嫁が家事をやってくれることが多いのですが、皿洗いや洗濯物を干すときは常にこのイヤホンをつけながら、遠くのPCで再生している動画を聴いています。すこしでも、家事をする時間が楽しくなったようでなにより…。

同棲カップルにおすすめのワイヤレスイヤホン3つ

というわけで、僕がオススメしたいワイヤレスイヤホンを3つご紹介します。いずれも「完全独立型」とされるイヤホンです。

オススメ①:Airpods

ひとつめは、アップルの純正品のAirpodsです。

「多少お金に余裕がある」「スマホやPCはアップル製品を使っている」という人、悪いことは言わないのでAirpodsにするのをオススメします。

というのも、特にiPhoneとAirpodsの連携機能がずば抜けて優秀で気持ちいいのです。

他のワイヤレスイヤホンもいくつか試しましたが、やっぱり純正品どうしのペアリングの滑らかさはワケが違います。

また、これはあまりフィーチャーされていないのですが、Airpodsはかなり音もいいです。これまで30,000円レベルの有線のイヤホン(SHUREというメーカー)を使っていましたが、そんなに遜色ないレベル。

たしかに、イヤホンに2万円弱は高い。それもわかる。

でも、その価格を差し引いても最高。間違いなく2018年ベストバイです。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥17,260 (2018/10/17 03:01:47時点 Amazon調べ-詳細)

オススメ②:Bose SoundSport Free wireless headphones

次はBOSEのワイヤレスイヤホン。

Airpodsと並んでこちらも高価格帯の商品ですが、やはりBoseの製品だけあってかなり人気な様子。

特にAirpodsとの明確な違いは、その形状にあります。

「StayHear+ Sportチップ」という特殊なパーツを導入されていて、ちょっとやそっとのことでは外れにくいんだそう。

このあたりは、スポーツでの用途を想定して設計されているので安心できますね。

また、Airpodsと比較するとイヤホン自体の筐体がそこそこ大きいので、これがあまり好きじゃない人は他の選択肢を選んだほうが良いかもしれません。

オススメ③:EnacFire Bluetooth イヤホン

最後はこちら。

Amazonで購入すると5,000円を切るという、数年前のワイヤレスイヤホン市場ではまったく考えられないコスパの高さ。

金額的にはAippodsやBoseのSoundSport Free wireless headphonesと比較すると2周りくらい安いのですが、見た目の高級感、製品のクオリティはそこまでの差を感じさせません。

当然高級機に比べると音質は劣るでしょうが、「とりあえず音が聞こえればOK」という方にとっては、ぶっちゃけ十分な製品だと思います。

まとめ

というわけで、今回は普段同じリビングで過ごすことが多い2人暮らしをしている人にオススメのワイヤレスイヤホンをご紹介しました。

いちばんのオススメシチュエーションは「家事中」ですが、それ以外でも活躍する場面は多いので、ぜひ試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)