ラジオのBGMにはYouTubeオーディオライブラリとFacebookサウンドコレクションがオススメ

現在、ふたりで月に1回ネットラジオを配信しています。

ShimoQuiRadio – しもつとくいしんによるインターネットラジオ

収録した音源は、余分な部分をカットしたりノイズを除去するなど編集をして配信するのですが、その際にいつも頭を悩ませるのがラジオの背景に流すBGM

どんなふうにBGMを使っているか、試しにこちらの回を聞いてもらえるとわかりやすいかと思います。

【第4回】2018年1月放送分 – ShimoQuiRadio

番組の序盤と終盤は、無音だとなんだか寂しいと感じたので、数分間の音楽をBGMとして流すようにしているのです。ただ、そのBGMの調達がなかなか難しく、はじめの頃は探すのに一苦労していました。

ただ、探しているなかで、優れたBGMの無料配信サイトを見つけたのでシェアしたいと思います。

YouTube「オーディオ ライブラリ」

まずひとつめが、YouTubeが公式で提供しているクリエイターツールのうちのひとつ、「オーディオ ライブラリ」。

このオーディオ ライブラリで公開されている音源は基本的に著作権使用料無料で活用することができ、多くの動画・ラジオクリエイターの強力な味方となっているツールです。

実際、YouTubeでさまざまな動画を見てみるとこのサイトでダウンロードされた音源を使用されているものも多く見受けられます。

参照:オーディオ ライブラリから音楽を入手する – YouTube ヘルプ

オーディオ ライブラリ – YouTube

こちらは、YouTubeが動画制作者のために無料で配布している音源で、大きく「無料の音楽」と「効果音」の2種類に分けられます。

▼こちらが「効果音」のタブを開いた状態。

ラジオのBGMとしては、「無料の音楽」のタブに収録されている音楽が使いやすいです。

秒数も、十数秒くらいの比較的短いものから、数十分にいたるほど長いものまで多岐に渡ります。そのほか、「ジャンル」や「気分」「楽器」などで音源を絞り込むことができ、「これだ!」とぴったりくる音源を探すのはそんなに難しくありません。

ダウンロードはワンクリックで完了

気に入った音源は、右側にある下矢印ボタンから、ワンクリックですぐにダウンロードすることが可能です。

ダウンロードボタンを押すと、面倒なレジストリや注意書き等はなく、すんなり保存画面が表示されるのでとてもラク。

音源のクオリティがひとつひとつ高いことはもちろん、このあたりのストレスがほとんどフリーなのがこのサイトが使いやすい所以ですね。

お気に入り機能が使える!

オーディオ ライブラリにはお気に入り機能という機能が付いています。

▼「★」マークはお気に入りとしてクリップした音源。

音源は多数あるので、「すぐにダウンロードしたいわけではないけど、とりあえず手元に置いておきたい」という場面も出てくると思います。

そのときに、とりあえずポチッとお気に入りに保存しておくと、あとで比較も簡単にできるので、BGMを探すときにはよく使っています。

さらなる詳しい情報は公式ページを確認してください

ただ、このオーディオ ライブラリはYouTube(Google)のアカウントを持っていることが条件なので、ログインして使ってみてください。

また、そのほか権利上の情報など詳細な情報を知りたい方は、公式が発表している以下のページを見てみてください。

オーディオ ライブラリから音楽を入手する – YouTube ヘルプ

Facebook「サウンドコレクション」

そしてもうひとつが、2017年12月にFacebookから公開された「サウンドコレクション」というサイト。

Facebookサウンドコレクション

こちらも、使用するにはYouTube同様ログインしてることが前提となりますが、基本的にすべて無料で使用でき、かつBGMとして優秀な音源が多数収録されている配信サイトです。

YouTubeの「オーディオ ライブラリ」と機能や構成はほぼおなじで、ダウンロード方法も一瞬。正直、使い勝手はあまり変わらないです。

ただ、比較検討できる音源は大いに越したことがないと思うので、YouTubeとFacebookのどちらも候補として使えたほうがいいかなと思い、ご紹介しました。

こちらのページに利用規約も記載されているので、使用の際に気になることがあればチェックしてみてください。

まとめ

ラジオの配信に使えるBGMの無料音源配信元としてYouTubeの「オーディオ ライブラリ」とFacebookの「サウンドコレクション」をご紹介しました。

かつても、BGMを配信しているサービスはいくつかあったと思いますが、GoogleとFacebookという巨大企業が配信しているとあって様々な面において安心感があります。

ラジオや動画のクリエイターにとって、なにか参考になれば幸いです。

 

関連記事

収録から配信まで! ネットラジオのはじめかたを解説します

配信してわかった、素人がラジオでおもしろく話すためのコツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)