Eメール、Facebook Messanger、Slack、Chat Work、LINE、Skype…。今日日、Web制作者と発注者とをつなぐコミュニケーションツールはさまざまなものがあります。特にディレクターとクライアントは頻繁に連絡を取り合うことになるので、最適な連絡ツールの選定はプロジェクトを成功させるための重要な要素となります。

社内であれば統一されたルールのもとコミュニケーションが行われるためさほど悩むことはないと思いますが、特にクライアントとの連絡においては、「どのツールを使って連絡を取り合えばいいのかわからない…」という方も多いのではないでしょうか。

実はぼくもその一人で、前職のWebメディアのコンテンツディレクター時代からいままで、結構いろいろ悩んで試行錯誤してきましたが、結局どれが適切なのかしっくりこないまま仕事を進めてきました。

けれど、最近やっと「こうすればいいんじゃないか」くらいの指針が見えてきたので、Webディレクターとしてクライアントの担当者との連絡ツールの選び方についてまとめてみようと思います。

続きを読む