【体験談】鹿児島移住でおすすめの地域は正直「鹿児島市か霧島市」

UターンやIターン等、県単位での移住をするとき、とても重要なのが「どの地域に住むのか」ということじゃないでしょうか。

もちろん、地元の地域があったり、両親や祖父母の家があり近くに住みたい場合、職場が固定されている場合はすんなり決定するものだと思いますが、そうでない場合は「どこに住むのがいいんだろう?」と迷ってしまいそうなもの。

以下の記事にも書いているように、僕の場合は会社の事務所の移転にともなって東京から地元である鹿児島県にUターンしたので、どちらかというと前者パターンです。

特に迷うことなく「鹿児島市に住もう」と決意しました。

今回は、一度はなれた地元・鹿児島へ、東京からUターンしてきた当事者として、鹿児島に移住する際におすすめの住む地域を考えてみたいと思います。

結論を先に言うと、一段階目の移住として「鹿児島市」か「霧島市」、二段階目の移住としてその他過疎地域を含む地域に住むのをおすすめします。

ぶっちゃけ、移住地としてベストなのは鹿児島市か霧島市

いきなり結論なのですが、移住していちばん最初に住む地域としては鹿児島市か霧島市をおすすめします。

鹿児島市は人口60万人、霧島市は人口13万人と、鹿児島県内では1,2位の大都市

なので、でかいイオンは普通にありますし、スーパー、病院、学校、娯楽施設などは全部バッチリ生活圏にそろっています。

特に鹿児島市は、地方のなかでも「地方都市」とも言われるほどで、結構都市化しています。東京都下の街だと言われてもそんなに違和感ないレベルです。

霧島市も霧島市で、さすがに鹿児島市には劣るものの、日本の「郊外」を絵に描いたような地域で、住むには申し分ありません。

これらの点から、鹿児島市と霧島市はどの地域から移住するにしても、暮らしにギャップを感じにくく、良くも悪くもドラスティックな変化のない暮らしが送れる可能性が高い街であるという点から、おすすめなのです。

移住は、二段階で検討するのがおすすめ

以前読んだ、『灯台もと暮らし』編集部の伊佐知美さんの著書『移住女子』で、「二段階移住」という興味深いことばを知りました。

この本は、主に都内からさまざまな事情で地方移住した女性の方にインタビューをおこない、移住前後のライフスタイルの変化、価値観の変化を探っていくという趣旨の本なのですが、そのなかのひとりが実践し、おすすめしていたのがその「二段階移住」という考え方。

最初の移住は、多くの場合が大都市圏からの移住なので、それまでの生活とあまりギャプのないように、地方でもわりと都市部の地域を選び、その次のステップで過疎的な地域を含む、田舎の方に移住していくという、2ステップで移住する方法です。

このような二段階移住だと、徐々に地方の暮らしに慣れることができ、精神的、肉体的に無理のない暮らしを実現できるのだそうです。

僕もこれ自体には賛成で、いくら地方移住とはいってもいきなり田舎の地域に住み始めるのはリスクが高いので、鹿児島市や霧島市のような地方都市に移り住み、そこをハブにして各地域に足を運んだり、情報を仕入れたりして、ゆっくり選択していけばいいんじゃないかと思います。

移住先で、会社に勤めるかどうかはとっても大きな問題

上記とは違う、「仕事」的な視点から考えると、生きるために就職する必要がある人は会社を選ぶ必要がありますが、その必要がない場合や、または在宅勤務が可能な人は、移住の際にそれが足かせになりません。

つまり、「仕事(会社)」というフィルタが一枚ない状態で、移住先を検討することができます。これは地味にすごく大きい。

僕の知り合いで鹿児島に移住してきた方は「社長や個人事業主であれば地方移住は全然ありだけど、会社員として地方移住するのは正直オススメしない」とおっしゃっているくらいで、移住先で会社に勤めるかどうかはとても大きく、重要な問題です。

もし、あなたが会社に勤める必要のない職業の方であれば、会社の職場を前提としない移住場所の検討ができます。これは結構大きなアドバンテージだと思います。

さいごに

鹿児島県への最初の移住地としておすすめなのは、鹿児島市か霧島市なのですが、二段階移住をお考えの方にとっては、それ以降は完全に好き好きの世界だと思います。

海が好きであれば沿岸部もいい地域はいくつかあるし、もちろん山間部もたくさんあります。

いずれにせよ、それらの地域に急に移り住むのはかなりリスクが高いので、都市部をハブにしてゆっくり検討していくのをおすすめします。

地方移住するのに「向かない」若者のタイプとは?【スキルが超重要】

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)