釣りバッグの中をラクに整理! ジップロックがインナーケースとしてオススメな理由

おかっぱりで釣りをする際に、とっても重要なのが釣りバッグ。

ある程度の機能性と堅牢性を持っている必要があり、専用に設計されている必要があるので、各種釣り具メーカーもさまざまなバッグを販売しています。

僕は、大好きなDSTYLEというメーカーのおかっぱり用バッグを使用しているのですが、めちゃくちゃ使いやすくて気に入っています。

そんな釣りバッグですが、釣りに行くと毎回悩むのが中がぐちゃぐちゃなってしまうという問題……

1分1秒ですらムダにしたくないという思いから、切ったラインをそのまま放り込んだり、ケースをぐちゃぐちゃに入れてしまったりと、時間が経つにつれてバッグの中はどんどん悲惨なことになっていきます。。。

そこで、今回はそんな釣りバッグ内の収納でオススメ整頓方法についてご紹介したいと思います!

釣りバッグの中には「ジップロック」の袋を入れておくと超便利!

釣りバッグの中に入れておくと整頓に便利なのは、ずばり「ジップロック」です! これを忍ばせておくと、バッグが格段に使いやすくなります。

ジップロックといってもいろんなタイプがありますが、コンテナではなく袋タイプのものを使います。スーパーにもドラッグストアにも、どこでも売ってます。たしかスーパーで500円以下で買った記憶があります。コンビニはちょっと分からない。

ただ、ひとつ注意なのは、100均の安いジップロック風の袋はやめておいた方がいいです。

材質が違うので、ジップロック本家より袋そのものが弱いですし、塗装が剥がれてバッグのなかにバラバラになった塗料が散乱していたりします。数百円の違いなので、ここはジップロックにしておいた幸せになれます。

今回、僕が選んだサイズはS。Mでもいいかなと思いましたが、小さいサイズのものを小分けにしたかったのでSに。

ジップロックの使い方

僕の場合は大きく分けて2つの使い方をしています。まずは、このようにワイヤーベイト(スピナーベイト、バズベイト)を入れて保管します。

普通のルアーケースだと、大きな面積を持つワイヤーベイトはちょっと収納しにくいですよね。なので、このように袋状のジップロックがぴったりなんです。

フックも1本で、袋と水平方向に伸びているので、よっぽどのことがない限り刺さる心配もありません。

これ、実は「俺達。」の秦さんがJACKALLのスピナーベイト「DOOON」をこのように収納しているのを見て参考にしました。該当の動画は下記の記事に書いているので、ぜひ見てみてください。

バズベイトもこのように入れておきます。これらワイヤーベイトを収納したジップロックは、その他のルアーケースと同様にバッグに放り込んで、使いたいときに取り出します。

そして、もうひとつの要素が使用済のワーム(リグそのもの)を入れておく一時保管場所としての機能。

僕の場合はワームは商品が入っている袋からそのまま取り出して使っているので、交換時に、「とりあえず入れておく場所」としてジップロックを用意するようにしています。

こんな感じで、使い終わったワーム(そして、また使うかもしれない)は、それ専用のジップロックにガンガン入れていきます。プラスチックのルアーケースほどかさばらないし、重量も少ないので、すごい手軽。

なので、釣りバッグに入れている道具はこんな感じになります。ペンチやカッターはまた別にありますが、ルアー収納についてはこれくらい。

ジップロックそのものはペラッペラで軽量にも関わらず、普通のビニールよりは強いので、使い勝手がよいのです。安心感があるね。

使い終わったワームはこんな感じでクルクルと束ねておくと場所も取らないのでオススメ。袋形状だからこそできること。

ジップロックがこんなところでも活躍するとは思わなかった……。切ったラインくず入れ用とか、未使用ワーム入れとかにも使えますね。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)