【写真あり】バスは釣れる?駐車場は? 薩摩湖のフィールド情報まとめ

鹿児島県薩摩地方のバス釣りのメジャーフィールド「薩摩湖(さつまこ)」

鹿児島県でバス釣りをする人なら一度や二度、訪れたことがあるフィールドではないでしょうか。今回はこの薩摩湖について、フィールドの基礎情報、周辺情報などをまとめたいと思います。

これから薩摩湖に行こうと思っている方や、鹿児島県へ遠征しバス釣りをしたいと思っている方の参考になれば幸いです。

この記事の内容
  • 薩摩湖のフィールド情報
  • 薩摩湖周辺の情報
  • SNSにアップされた、薩摩湖での最近の釣果実績

そもそも「薩摩湖」ってどんな湖? 薩摩湖の基本情報

薩摩湖は鹿児島県の薩摩半島、日置市にある湖です。

アクセス情報
  • 手段:基本的には車
  • 時間:鹿児島県の市街地・鹿児島市からは高速道路で約40分ほど

薩摩湖は駐車場はある?

薩摩湖には近隣に駐車スペースがあります。

ギリギリですが、合計で5台くらいは駐車できます。

注意

薩摩湖のすぐそばの土地は私有地である可能性があります。厳密に調査できていないのですが、もしそうであった場合速やかに公共の駐車場に移動するようにしましょう。

そのほか、すぐ近くの「吹上浜公園」にも広大な駐車場があるので、そちらが安全でオススメです。

ただし薩摩湖からはちょっと離れていて、5分ほど歩く必要があります。

薩摩湖でバス釣りはできるの?

はい、できます。

おかっぱりとボートの両方での釣りが可能です。

僕が釣りに行ったときも実際にボートで釣りをされている方もいらっしゃいました。

【写真で解説】薩摩湖のフィールド情報

それでは、早速鰻池のフィールド情報をお伝えします。

まずは、フィールドの全体図はこんな感じです。

薩摩湖でおかっぱりで主に釣りができるのは、この1〜3のエリアです

薩摩湖のフィールド

順を追ってご紹介します。

1のエリア:メインの桟橋

こちらは、薩摩湖でもっとも釣りがしやすい、メインの桟橋となっているエリアです。

大きなコの字状で、沖側に突き出している形になっています。なんどか来ていますが、コの字の中にはよくギルなどのベイトが泳いでおり、バスが釣れている実績もあります。

DSTYLEのルアー「VIROLA」を投げると、わらわらとギルが寄ってきて、めちゃくちゃ可能性を感じました。

ちゃんと人がくることを想定してつくってあるので、こんなベンチもあります。リグるときに意外に重宝します。

北側にはオーバーハングが茂る場所や濃いカバーもあり、条件的には結構リッチかなと思います。

また、写真でもわかると思いますが、水質は基本的にマッディです。

個人的には、以前このカバー付近で、「ウィニングクロ―(ライトスモークペッパー)」のテキサスリグで1匹釣った実績があります。

2のエリア

1の桟橋エリアを北に抜けると、さらに奥に続く道が出てきます。

抜けている最中、ちょこっと人が入れるエリアが出てきます。

ただし、かなり狭いので長いロッドだと結構やり取りがきついです。

もう少し北に歩いていくと……、

このように、もうすこし開けたエリアに出ることができます。ここが第2のポイント。

人の足跡も見られ、入ってきているようすがうかがえます。写真で見えているとおり、かなり濃く、強いカバーになっています

ここはカエルや虫などの生物が多くおり、それらを捕食しているバスが入ってきそうです。

バイトこそありませんでしたが、この日はずっとバークレイの「青木虫(グリーンパンプキン)」をひたすらキャストしてました。笑

なお、ロッドは「【インプレ】ブレイゾン2018は約1万円で買えるコスパ最強ロッド」でもご紹介している、ダイワのブレイゾン(2018年モデル)。

ただし、細いラインだとすぐにラインブレイクしてしまう可能性がある点と、虫がいたり、泥で汚れやすいので、長靴などを履くか、長ズボン着用をオススメします。

またその先にも、ちょっとした護岸エリアがあったりするので、キャストできるポイントは結構あります。

さすがにちょっと高さがあるので、ここで釣りをするにはランディングがあったほうがいいでしょうね。1〜2mあって、抜き上げるには結構きつい高さです。

3のエリア

ここは桟橋より南寄りの、入り口付近にあるエリア。

人ひとりがやっと入れるくらいの道と足場なので、そんなに広くはありません。

まず薩摩湖に着いたら、ここに入ってとりあえず岸際をトレースしてみてもいいですね。

このカバーでテキサスリグを撃って釣れたバス。数分後にまたバイトがあったりして、時合になればどんどん食ってきます。

その他のエリア

ここでご紹介したエリア以外の場所は、ボートかウェーディングでしか釣りがほとんどできません

以下のエリアは実際にウェーディングしている方はいらっしゃったので、可能ではあります。

また、向こう岸のエリアは残念ながらボートでしかアプローチできないので、「どうしても…!」という方はぜひボートでお越しください。

スロープはないのですが、自力で下ろすことはできます。

近年の薩摩湖での釣果

最近アップされた薩摩湖での釣果実績です。特にシブいということもなく、コンスタントにそこそこ釣れていますね。

その他注意事項など

その他注意事項、特筆事項はこんな感じです。

  • 薩摩湖の近くにはトイレはないが、吹上浜公園の方までいくとあります。
  • 近く(車で3分圏内)にコンビニはありません。

今回使用したタックル

最後に、今回使用したタックルをご紹介します。まだまだ全然初心者なんで、それ相応の道具を使っています。

ロッド

リール

質問や相談などTwitterでどうぞ

記事に関する質問や「ここ違うよ!」といったご指摘、相談などはTwitterでも受け付けていますので、お気軽にどうぞ!

shimotsu(@shimotsu_)さん | Twitter

また、鹿児島県のそのほかのフィールドについても情報をまとめていますので、こちらもどうぞ。

鹿児島のバス釣りフィールド情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)