バス釣り/Web制作/地方移住/ネットラジオ配信などについて発信する25歳男のブログです。2017年に東京から鹿児島へUターン。

【AbemaTV】プロの釣りがじっくり勉強できる「BIG FISH BATTLE」

釣りに行けない日は、基本的にずっと釣り動画を観ています。

今はYouTubeやAbemaTV、Amazonプライム・ビデオなど、釣り好きにはとてもいい時代で、釣り動画コンテンツには事欠きません。

そのなかでも、今回は僕が普段仕事をしたり作業をしながら、AbemaTVでずっと流し見している釣り対決動画「BIG FISH BATTLE」をご紹介したいと思います。

原則プラクティス(事前練習)なしで、最大魚1匹を得るためのプロアングラーの「ガチの釣り」をじっくり見ることができる、とっても釣りの勉強になる動画コンテンツです。

AbemaTVの「BIG FISH BATTLE」とは?

「BIG FISH BATTLE」はネットテレビ・AbemaTVが制作する、オリジナルの釣り動画コンテンツです。

AbemaTVオリジナル番組「BIG FISH BATTLE」 バトルのルールはシンプルに一番デカいバスを釣ったほうが勝者となる。 プラクティスなしのぶっつけ本番で挑む試合当日。 日本全国の様々なフィールドでTOPプロが緻密な戦略、高い技術を駆使してデカいバスを追い詰めていく様子を余すことなく公開!

BIG FISH BATTLE | 動画視聴はAbemaビデオ(AbemaTV)

2017年にはじまったシリーズで、2018年7月現在で8つの対決が配信されています。

これまで「BIG FISH BATTLE」で放送された対決

過去、BIG FISH BATTLEで対決したアングラーは以下のとおり。国内トップトーナメンターから、釣具ブランド代表まで、幅広く、かつそうそうたるメンバーが名を連ねています。

  • 小野俊郎 vs 伊藤巧
  • 河辺裕和 vs 市村直之
  • 山木一人 vs 折金一樹
  • 菊元俊文 vs 大西健太
  • 小森嗣彦 vs 草深幸範
  • 青木大介 vs 金森隆志
  • 川村光大郎 vs 関和学
  • 大西健太 vs 山田祐五

他の釣り番組にはない、「BIG FISH BATTLE」のおすすめポイント

この番組、好きでよく観ているのですが、数多ある他の釣り番組に比べてどうおもしろいのかを、僕の視点でご紹介してみたいと思います。

プラなし&長時間収録なので「攻め方」の勉強になる

BIG FISH BATTLEの基本ルールはプラクティス(事前練習)なし。

なので、対決をする二人のアングラーは、そのフィールドにぶっつけ本番で挑むことになります(もちろん、「その場所で釣りをしたことがない」、という意味ではありません。)。

さらに、動画のそのもの時間が長く、約10時間程度の実釣時間に対して、放送は4時間弱。あまりカットすることなく、結構じっくりと釣りの様子を見せてもらえます。

4時間弱ものたっぷりとした時間で、プロのアングラーがぶっつけ本番のフィールドでどう釣りを展開していくのか。これがBIG FISH BATTLEのみどころなのです。

  • まず、どのように釣り場を選ぶか
  • どのように魚を探していくか
  • 移動はどの程度の頻度で、どれくらいおこなうか

などなど、アマチュアのアングラーにも大変参考になる部分が多く、慣れないフィールドで釣りをするうえでおいて、とっても勉強になるんです。

そういう意味でも、単なる対決動画ではなく、プロ目線の「ガチ」の釣りが見れるという点でおもしろいのです。

「いちばんデカイ魚1匹」という普段のトーナメントとは違う新鮮なルールがおもしろい!

そしてなんといっても、最大の特徴はそのルール。

BIG FISH BATTLEのタイトルのとおり、「一番でかい1匹の重量で勝負」というのがこの番組の対決ルールです。通常のトーナメントによくある「5匹合計の重量」ではなく、”1匹のみ”。

そのため、さまざまな対決を観ていて、みなさん口にするのが「普通のトーナメントと違うから、難しい」ということ。

アマチュアからすると、「5匹揃えた勝負より、1匹の重量勝負の方がシンプルでやりやすいんじゃない?」と思ってしまうのですが、どうやらそんなカンタンな話ではないようです。

小さくても数を揃えるという釣りではなく、とにかくそのフィールドの最大サイズ1匹を釣るための戦略は、各アングラーでばらばらで、とても勉強になります。

“静かな”番組構成なので、作業用のBGVとしてふさわしい

これは副次的なものなのですが、基本的にあまり解説やBGMがなく、かなり静かな番組構成になっています。どちらかというと、黙々と釣りを見せてくれる番組です。

なので、作業をしながらずっと流しておくのにちょうどいい、という地味なメリットにも気づきました。笑

僕は基本ずっと自宅で仕事をしているので、BGMやBGVを流しながら作業しているのですが、その際に「BIG FISH BATTLE」はちょうどいいんです。しかも、番組時間が長いので、ちょこちょこ切り替える必要もありません。

こういう釣りの中継とか、スポーツ番組とか、単調だけど、たまに盛り上がるみたいなコンテンツが、意外に作業用のBGVにふさわしいんじゃないかと思うんですよね。

もちろん、たっぷり、じっくり観るもよし。そもそも釣り好きなので、放送時間が長いというだけで嬉しいものなんですね。

まとめ

ちなみに、このBIG FISH BATTLEはAbemaTVでたまにリアルタイムに放送されているのですが、過去回については基本有料です。

AbemaTVのプレミアム会員になればすべて観ることができるので、お試しで入って観てみることをオススメします。月額980円なので、このBIG FISH BATTLEだけでもそれなりに価値あると思います。

というわけで、プロのバスアングラーの釣りを勉強してみたい方におすすめですので、興味がある方は観てみてください。

BIG FISH BATTLE | 動画視聴はAbemaビデオ(AbemaTV)

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)